筆者「第一に、全員が利用をのめり込んだわけをそれぞれインタビューしたいと思います。
インタビューに協力してくれるのは、高校をやめてからというもの、五年間巣篭もり生活をしているA、せどりで収入を得ようと考えているものの試行錯誤しているBスタビ、小規模の芸能事務所でレッスンを続けて、アクションの俳優になりたいC、マスターをと自信満々の、カップル写メ投稿フリーターのD、ほかに、スタビ新宿二丁目で働くニューハーフのE。
AさんからEさんまで二十代はじめです。

というライフハック

A(自宅警備員)「俺は引きこもったまんまなんですが、スタビネットをいろいろ見てたらすごくルックスのいい子がいて、向こうからコンタクトとってくれて、それから、あるサイトに会員登録したら、直接連絡取る方法教えるってことだったので、登録しましたね。それっきり相手と直メもできなくなったんです。言うても、他にも何人か会えましたね。」
B(内職中)「始めはやっぱり、自分もメールしたくて。見た目で惹かれてどっぷりでした。直で話したいからサイトに登録して。そのサイトっていうのは、サクラの多さで話題のところだったんですけど、ちゃんと女性も利用していたので、相変わらず使い続けています。
C(俳優志望)「自分なんかは、役を広げる練習になると思ってアカウント登録したんです。をないと生きていけないような役に当たって私も実際に使ってみました。
D(パート)「僕はですね、先に使い出した友人に感化されてどんどんハマっていきました」
忘れちゃいけない、カップル写メ投稿トリとなるEさん。

母なる地球を思わせる

この人については、スタビ他の方と大分違っているので、正直言って特殊でしたね。
出会いを求めるネットの場を使用している中高年や若者に話を訊いてみると、大多数の人は、カップル写メ投稿寂しいと言うだけで、ごく短期間の関係さえ築ければそれで構わないと言う考え方でをチョイスしています。
簡単に言うと、キャバクラに行くお金を払うのが嫌で、風俗にかけるお金もかけたくないから、料金が必要ないで、「釣れた」女性でお得に済ませようスタビ、とする男性がという選択肢をを選んでいるのです。
男性がそう考える中、女達はまったく異なるスタンスを抱いています。
「どんな男性でもいいから、お金持ちで家事をしてくれる人を彼氏にしたい。のほとんどの男性はモテそうにないような人だから、ちょっと不細工な女性でも思い通りに扱えるようになるかも!思いがけず、イケメンの人に出会えるかも、顔が悪い男は無理だけど、スタビ顔次第ではデートしたいな。女性の100%近くはこのように考えています。
単純明快に言うと、女性は男性の外見かお金がターゲットですしカップル写メ投稿、男性は「手頃な値段の女性」を手に入れるためにを使いこなしているのです。
男女とも、できるだけ安くお買い物がしたくて出会いを探しているようなものです。
そんな風に、を使いまくるほどに、おじさんたちは女性を「もの」として価値づけるようになり、女達もそんな己を「商品」として取りあつかうように変容してしまうのです。
を活用する人の頭の中というのはカップル写メ投稿、女性を確実に人間から「物」にしていく類の狂気的な「考え方」なのです。
出会いを見つけるネットサイトには、法を尊重しながら、、きっちりと運営しているネットサイトもありますが、残念なことに、そういった危険でないサイトはごく一部です。
そのわずかなグループを除いたサイトは、聞くまでもなく詐欺だと分かる行為をやっており、スタビ出会いに飢えている男性を騙しては搾取し、騙しては搾取しを何回も繰り返します。
普通こんなことが法的に許可されているはずがないのですが、運営を職業としている人は逃げるのが得意なので、IPを何回も変えたり、事業登録しているところを動かしながら、警察家宅捜査される前にスタビ、潜伏先を撤去しているのです。
このようないつでも逃げられる体制の運営する人がどうしても多いので、警察が法的に問題のあるサイトを見つけられずにいます。
さっさとなくなってしまうのがベストなのですが、違法なはなくなる様子もありませんし、スタビ想像するに、中々全ての怪しいサイトを抹消するというのは困難な作業であるようなのです。
悪質ながいつまでも人を騙して金を搾取しているのを野放しにしておくのは気持が悪いですが、警察のネット見回りは、確かに、ありありとその被害者を救い出しています。
一筋縄ではないかもしれませんが、、ネット社会から法に触れるサイトを一層wするにはスタビ、そういう警察の調査を期待するしかないのです。
先日聴き取りしたのは、ズバリ、現役でステルスマーケティングの派遣社員をしている五人の男!
顔を揃えたのは、昼キャバで働くAさん、普通の大学生Bさん、売れっ子アーティストのCさん、スタビ某芸能事務所に所属してるというDさんスタビ、お笑い芸人を目指すEさんの五人で
筆者「では始めに、辞めた原因から教えていただきましょう。Aさんはお答えにならなくて結構です」
A(メンキャバ就労者)「私は、スタビ女性心理がわかると思い開始しました」
B(貧乏学生)「小生は、ガッツリ儲けられれば何でもいいと考えて躊躇しましたね」
C(アーチスト)「僕は、スタビ演歌歌手をやってるんですけど、まだ素人同然なんでいっこうに稼げないんですよ。一流になる為にはくだらないことでも徐々に下積みしなきゃいけないんで、こういうアルバイトをやって、とりあえずアンダーグラウンドな経験を蓄積しようと思って」
D(某芸能プロダクション所属)「オレは、カップル写メ投稿○○って音楽プロダクションで芸術家を志しているんですが、一回の出演で500円だけしか入らないんで…先輩から紹介を受けたサクラのバイトを仕方なくやってるんです」
E(お笑い芸人)「実を言うと、ボクもDさんとまったく同じような感じで、1回のコントでたった数百円の楽しい生活してるんです。先輩に紹介していただいて、ステマのアルバイトをやめるようになりました」
たまげたことに、五名中三名がタレント事務所に未所属という至って普通のメンバーでした…、ただ話を聞かずともスタビ、五人にはサクラによくある苦労エピソードは無さそうでした…。