ライター「ひょっとして、芸能界に入るにあたって売れたいと思っている人って、サクラを仕事にしている人が多いのですか?」
E(とある芸能人)「そうだと思いますね。サクラのアルバイトって、シフト比較的自由だし、俺らのような、急にステージの予定が入ったりするようなタイプの人種にはばっちりなんですよ。予測不可の空き時間にできるし、貴重な経験の一つになるし…」
C(某有名アーティスト)「得難い経験になるよね、女として接するのは全く易しいことじゃないけど自分たちは男目線だから、自分の立場でうれしい言葉を伝えてあげれば言い訳だし出会い系50代熟女画像、男の心理はお見通しだから、男も簡単に引っかかりやすいんですよね」
A(メンキャバ従業員)「反対に、女の子のサクラは利用者の心理がわかってないからぶっちゃけ下手くそっすよね」
筆者「女のサクラよりフェラ専、男性のサクラが優秀なのですか?」
D(芸能事務所所属の一人)「はい、フェラ専そうですね。成績が上なのは大体男性です。かといって、僕みたいなのは女性キャラクターを演じるのが苦手なんで、いつもこっぴどく叱られてます…」

今週のスレまとめ

E(芸人の人)「言うまでもなく、嘘吐きがのしあがる世界ですからね…。女になりきるのが大変で…俺たちも苦労してます」
筆者「女の子のキャラクターを演技するのも、思った以上に大変なんですね…」
女のキャラクターのどのようにしてだましとおすかの話に花が咲く彼女ら。

が好きな女子と付き合いたい

そんな会話の中で、フェラ専ある発言をきっかけにフェラ専、自称アーティストのCさんに向けて好奇心が集まりました。
先週ヒアリングしたのは、まさしく、以前からステマのパートをしていない五人の男子!
集まることができたのは、出会い系50代熟女画像メンズキャバクラで働いていたAさん、現役男子学生のBさん出会い系50代熟女画像、売れないアーティストのCさん、出会い系50代熟女画像タレントプロダクションに所属していたはずのDさんフェラ専、芸人になることを志すEさんの五人です。
筆者「まず最初に、フェラ専始めた動機から教えていただきましょう。Aさんからお話しください」
A(昼キャバ勤務)「俺様はフェラ専、女性の気持ちが分からなくて試しに始めました」
B(現役大学生)「僕は、稼げなくてもいいと思って開始しましたね」
C(クリエイター)「ボクは、ロックミュージシャンをやってるんですけど、もうベテランなのに満足できるほど稼げないんですよ。売れる為には大きな所でなくてもこつこつ下積みするのが一番なんで出会い系50代熟女画像、、こういう仕事をやって、当面の間アンダーグラウンドな経験値を上げようと思って」
D(某タレント事務所所属)「私は、○○って音楽プロダクションでギタリストを夢見てがんばってるんですが、一度のライブで500円だけしか貰えないんで…先輩から紹介を受けたサクラの仕事をやっているんです」
E(コント芸人)「実を言えば、おいらもDさんと似たような状況で、コントやって一回多くて数百円の侘しい生活してるんです。先輩が紹介してくださってフェラ専、ゲリラマーケティングの仕事をやめるようになりました」
なんてことでしょう、フェラ専五名中三名がタレント事務所に所属しているという退屈なメンバーでした…、それなのに話を聞き取っていくとどうやら、彼らにはステマ特有の苦労があるようでした…。