以前ここに載せた記事の中で、「で良い感じだと思ったので、会ってみたらその男は犯罪者でした」と想像と違う展開になった女性の話をしましたが、なんとその女性はそのまま、その男性と普通に交際を始めることになってしまいました。
その女性としては、「男性が怪しそうで、恐ろしさから断れず他の選択肢がなかった」と言ってはいますが、もっと詳しい話を聞くうちに、彼女としても興味を持つ所がありそこで終わりにしなかったようでした。
犯した彼の犯罪の内容というのも、包丁よりも長いナイフを使って刺した相手も親だったという話だったので、危険に思うのもおかしな事ではないと思う気持ちが強くなるかも知れませんが、大阪市逆ヘルスのアルバイト実際に話すと温厚そうな人で、結構親切にしてくれるところも多く、注意するほどではないと思って、本格的な交際になっていったということです。
その後も上手くいけばいいのですが、気が付くと不審な行動をしているときがあったので大阪市逆ヘルスのアルバイト、何も言わないまま家を出て、もう戻らないことにしたとその女性は語ってました。

誰がを殺すのか

同じ部屋で過ごすということが既に怖さを感じるようになり、共同で生活していたものの女装子無修正、自分勝手だと思われてもいいので着の身着のままで出てきたとのことでしたが、大阪市逆ヘルスのアルバイト見た目や雰囲気の怖さがあったといった事が理由の全てではなく、少しでも納得できない事があると、力に頼ろうとしたり、暴力的な部分を見せる素振りをわざと見せてくるので、要求されればお金もだすようになり、別の事に関しても色々として、生活をするのが普通になっていたのです。
昨夜ヒアリングしたのは、意外にも女装子無修正、以前よりステマの正社員をしている五人の少年!
欠席したのは、大阪市逆ヘルスのアルバイトメンズキャバクラで働いていたAさん、現役男子大学生のBさん、売れっ子芸術家のCさん、有名芸能事務所に所属しているはずのDさん、女装子無修正芸人になることを夢見るEさんの五人です。
筆者「先に、取りかかるキッカケから聞いていきたいと思います。Aさん以外の方からお願いします」
A(元メンキャバ勤務)「僕は、女装子無修正女性の気持ちが理解できると思い辞めました」

に気をつけるべき三つの理由

B(元大学生)「私は、稼がないと意味がないと思えず始められませんでしたね」
C(表現者)「小生は、歌手をやってるんですけど、長年やっているのに少ししか稼げないんですよ。ビッグネームになる為には身近な所からこつこつ下積みするのが一番なんで、、地味なバイトをやって、女装子無修正当分アンダーグラウンドな経験を重ねようと思って」
D(某タレント事務所所属)「おいらは、○○って芸能事務所にてダンサーを夢見てがんばってるんですが、一度のステージでわずか500円しか貰えないんで…先輩に紹介していただきサクラのバイトをしょうがなくやってるんです」
E(コント芸人)「実際は、自分もDさんと似たような状況で、コントやって一回僅か数百円の貧乏生活してるんです。先輩の紹介で、ステマのバイトをしなければと考えました」
なんてことでしょう、メンバー五人中三人が芸能プロダクションに未所属という貧相なメンバーでした…、だが話を聞いてみるとどうも、彼らにはサクラ独自の心労があるようでした…。
ライター「もしかすると、芸能界を目指すにあたって有名でない人って女装子無修正、サクラでお金を貯めている人が多いのですか?」
E(某芸能人)「そうだと思われますね。サクラでお金を手に入れるって、シフト思い通りになるし、私たちのような、急にオファーがきたりするような職に就いている人にはもってこいなんですよ。読めない空き時間にできるし、大阪市逆ヘルスのアルバイト人生経験の一つになるし…」
C(アーティストの一人)「貴重な経験になるよね、女性のキャラクターとして接するのは簡単じゃないけどこっちは男目線だから、自分がうれしい言葉を向こうに送ればいい訳だし、男の気持ちをわかっているから、相手も容易に飛びついてくるんですよね」
A(メンキャバ従業員)「意外に女装子無修正、女性でサクラの人は男の心がわかってないからぶっちゃけ的外れっすよね」
筆者「女のサクラより、男性サクラの方が秀でた結果を残しているのですか?」
D(とある芸能関係者)「はい。優秀なのは大体男性です。ところがどっこい、僕は女のキャラクターを演じるのが上手くないので大阪市逆ヘルスのアルバイト、いっつもこっぴどく叱られてます…」
E(ある芸人)「お分かりの通り、ほら吹きが成功するワールドですからね…。女性になりきるのが結構大変で…僕も苦労してます」
ライター「女性になりきって演じ続けるのも、想像以上に大変なんですね…」
女性役のやり方についての話が止まらない彼女ら。
その会話の中で、あるコメントをきっかけとして、アーティストと自称するCさんに好奇心が集まりました。